Device

自分がどうしたいか

世界の多様性を作るのは、

何がしたいか、という

私達ひとりひとりの「意思」です。

 

物に合わせるのではなく、

​自分の意思から物を見つめ直す。

Deviceは、人間のためのミニマルな道具を

「3つのビジョン」でデザインしました。

1

手になじむ

人のための道具

スプーン、鉛筆、楽器・・・

道具には必ずちょうど良い大きさがあります。​なぜならば、私たちの手にサイズがあるからです。

Deviceは、片手操作と携帯性を​前提とした

「4.7インチ」の道具。

薄くて軽いことが

モバイルデバイスの正義なのです。

2

何もないから

全てがある

Deviceは自由です。

データもメインOSも持ちません。

何にも縛られないので、

何でもできる無限の可能性を秘めています。

 

例えば、iOSとAndroidを1台で操作できる

「Multiverse」。

脱獄も分解も​不要で、

全く新しい自由なスタイルを実現します。

​(特許出願済)

3

​データの世界にも

「自分」を

データには(原子レベルの)オリジナルがありません。

いくらでも複製でき、どこにでも存在できることが、デジタルが持つ最大の利点であり、同時に私たち人間にとって「最大の脅威」でもあります。

Deviceが目指す世界は、

データにアイデンティティのある世界。

「大事なデータは世界で唯一ここにしかない」という「脱クラウド」の未来を見ています。

ローカルサーバとDeviceを直接結ぶ

「Rainbow Computing」。

まさに、雲のない晴々とした世界です。